Personal Space

英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳(Part 4)

(Part 1はこちら、Part 2はこちら、Part 3はこちらです。)

今日、米国東海岸時間で11時頃から、英米で主に編集されてる(出版は英国)総合科学誌の「ネイチャー」が、オンラインで福島原発事故に関するQ&Aを行いました。「ネイチャー」誌は、事故発生当時から、ブログやオンラインの紙面で、事故そのものや、それに関する現地測定のデータ、さまざまな国のさまざまな機関によるモデル試算の結果、日本や国際の関連機関のプレスリリースなどを、地道に報道してきました。それらは、こちらにまとめられています。⇒ http://www.nature.com/news/specials/japanquake/index.html

「ネイチャー」誌は、事故当初から、「総合科学誌」としての立場から、客観的に、刻々とレポートされてくる数値と過去の例(チェルノブイリなど)に基づく報道や社説を出してきています。記事は、科学に基づいてはいますが、科学者のためだけではなく、一般の人のために書かれています。このQ&Aは、「ネイチャー」側が読者の質問に答えているわけですが、質問はモデレーターにチェックされてからチャットに出てくるようになっていたので、筋の通った、読みやすいQ&Aになっています。原文のチャットは、ここです。⇒ http://blogs.nature.com/news/thegreatbeyond/2011/04/japans_nuclear_disaster_live_q.html?WT.mc_id=TWT_NatureNews

Q&Aの訳(Part 4)

Stuart McIntoshからのコメント: Drew Wrightの質問に関係してるんですが、地震や津波の多い国や地域は、原子力発電以外の方法で電力をまかなうべきだと思いませんか?

BO: これは「新しい核の時代」の質問に関係してますね。

JS: これもいい質問ですね。でも、これは、現在の福島の事故の収拾がついて、ここで学んだことを踏まえてからじゃないと、答えにくいです。ただ、Geoffが言うように、最近の新しい原発は、もっと安全なように設計されてます。

GB: 原発は、すべて、ある程度のリスクはこえられるように設計されてます。ここで留意しておきたいのは、福島の原発は、設計段階で考えられていた最大の災害よりも何段階も上を行く大災害にみまわれたにもかかわらず、一応は、破壊されずに、まだ残っているわけです。

とは言っても、これは、これから世界中で、施政側と市民が、ともに解決していかなきゃいけない問題でしょう。実際のところ、もうドイツなんかでは、かなり活発な議論が始まってます。

Shelbyからのコメント: 19km以内のゾーンで測られてる放射線のデータのほとんどは、あんまり、測点が科学的に検討されてないというか、車で走りまわりながら適当に止まって測ってる感じで、測定時の風に関する情報などの重要な情報が抜けてたりもします。データの値があっちこっち飛んじゃってるの、風向きのせいだったり、測定点が離れすぎてたりしてるせいだったりしてるんじゃないかと思うんですが、実際のところ、これらのデータ信頼できますか?私は、これらのデータからは、放射性物質の拡散状況、なんとなくはつかめても、はっきりとした結論は出せないように思うんですが。

BO: 福島近辺からレポートされてくるデータの質については、かなり活発な議論がされてますよね。Jim、Geoff、どうです?

GB: Jim、お先にどうぞ。わたしあとからコメント付け足します。

JS: 放射性物質の放出直後(つまり、放射性物質がまだおおかた空気中に漂っている時期)には、データは、風向きなんかに左右されますし、値も、かなり上下するでしょう。でも、いったん放射性物質がほとんど地上に降下して落ち着けば、風はあんまり関係なくなってきます。あ、土壌の水分の量は関係してきます。実際、今出てきてるデータは、計測時に雨が降ってるかどうか、銘記してあります。値との関連性ははっきりしてませんが。私としては、現在のデータの量と質は、満足できるものだと思います。でも、ご質問のとおり、計測方法なんかの情報が抜けてたりして、データの解釈かしづらいのは事実です。これは、ひょっとしたら、翻訳の問題なのかもしれません。もしかしたら、日本語のデータレポートは、もっと関連情報がしっかり網羅されてるのかもしれません。

GB: 米国のエネルギー省が、上空に飛行機を飛ばして計測を行いました。放射能汚染がどのように広がっているか、結構はっきりとつかめると思います。  http://blog.energy.gov/content/situation-japan/

あと、付け足しておきたいのは、今の状況は、計測するにしても、かなり難しい状態だ、ということです。日本側の行っている計測やサンプリングにいちゃもんつけるのは簡単なことですし、まあ、そうやって、批判的に事態を見つめていくことも、大切だと思います。でも、特に震災の直後は、計測用の計器もままならなかったし、交通網もやられて、原発の周辺へ近づくことも、簡単ではなかったんです。

BO: もう時間がなくなってきました。あとひとつかふたつでおしまいにしましょう。

JS: 私もGeoffと同感です。難しい状況を鑑みても、日本側のデータ収拾の努力を批判するのはどうかと思います。

Claire Cailesのコメント: 福島事故による、放射線による癌の可能性は、他のリスクによる発ガンの可能性とくらべて、どうですか?たとえば、タバコなど。

JS: かなり低いです。たとえば、チェルノブイリでの、事故後の、事後処理にあたった作業員は、平均して100mSvの放射線を浴びました。これは、だいたい、老後の発ガンの確率が、0.5から1%上昇するくらいに値します。これと比べて、タバコ吸うひとは、大体50%の確率でタバコに関連した病気で死にます。

Chris Pookのコメント: 福島にはたくさんのデータがあるし、日本側はすべて公開してますが、それでも、データの、時間を追うごとの解釈はまだまだ遅れてるし、あと、特に、この膨大なデータが、どのように、行政における決断やガイドライン(たとえば、食品の放射線の基準値など)に反映していくのか、まだまだはっきりしてないと思います。どのようなデータやパラメータを行政側で反映していけば良いと思いますか?

BO: Jim、政府(立法)は、どんな情報を元に基準やガイドラインを決めていくべきだと思いますか?

GB: 私がひとつ言いたいのは、報道側がこの危機をどう報道していったかは、結構問題だったと思います。報道は、最大値ばっかりをレポートする傾向にあります。とくに、放射能汚染の場合は、最大値じゃなくて、ある一定の時間内での積算値が問題なわけで、最大値は、それだけじゃ、あんまり関係ないわけです。実際、低レベルの放射線が長期間続くほうが、ほんの瞬間の最大値よりもあぶなかったりするわけで。

GB: それ以外では、これは、Jim向きの質問だと思います。

JS: はい、たしかに、放射能汚染のガイドライン値はあります。日本政府は、それに基づいて、食品をチェックしてます。でも。Geoffの言うように、この手の値やデータは、解釈が一筋縄ではいかないでの、報道側で、誤解を生むような報道になってしまったりしています。

データから見えることでひとつ重要なのは、汚染地域での外部被爆は、どんどん減ってきている、ということです。これは、半減期の短い132Teや131Iなんかがどんどん崩壊していることによります。

BO: では、最後の質問。

Ianからのコメント: 原発の監視を、国際的に行っている機関なんていうものは、あるんでしょうか?それとも、原発って、国単位で監視されているんですか?今回の事故を見てると、予測でき得たような事態が全く考えに入ってなかった、という感じがするんですが。

BO: Geoff、Jim、国際協力については、どうお考えですか?

GB: IAEAは、軍事目的以外の原子力施設を点検できることにはなっています。でも、実際には、点検は、施設が軍事的な目的に流用されてないかの確認のためにされてるのが主です。今回の事故にからんで、IAEAの力をもっとつよくしていこう、という議論が出てくるでしょうね。

JS: 私もそれを言おうと思ってました。

GB: 最終的には、原発の安全は、それぞれの国の行政の責任のままになっていくと思います。それが良いことなのか悪いことなのかは別として。

BO: 時間がきちゃいました。皆さん、参加してくれて、ありがとう。このQ&Aが皆さんの役にたてたら幸いです。あと、念のため、Nature誌の福島の記事は、ここで読めます。http://www.nature.com/news/specials/japanquake/index.html

(以上)

Single Post Navigation

4 thoughts on “英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳(Part 4)

  1. mtakagi on said:

    とっても読みやすいので、シェアさせてくださいませ。
    翻訳ありがとうございました。感謝です。
    sarcophagous が石棺っていうのを覚えました。

  2. Good job. Thanks.

  3. Pingback: 英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳(Part 4) - ニュースちゃんねる

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: