Personal Space

英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳(Part 2)

今日、米国東海岸時間で11時頃から、英米で主に編集されてる(出版は英国)総合科学誌の「ネイチャー」が、オンラインで福島原発事故に関するQ&Aを行いました。「ネイチャー」誌は、事故発生当時から、ブログやオンラインの紙面で、事故そのものや、それに関する現地測定のデータ、さまざまな国のさまざまな機関によるモデル試算の結果、日本や国際の関連機関のプレスリリースなどを、地道に報道してきました。それらは、こちらにまとめられています。⇒ http://www.nature.com/news/specials/japanquake/index.html

「ネイチャー」誌は、事故当初から、「総合科学誌」としての立場から、客観的に、刻々とレポートされてくる数値と過去の例(チェルノブイリなど)に基づく報道や社説を出してきています。記事は、科学に基づいてはいますが、科学者のためだけではなく、一般の人のために書かれています。このQ&Aは、「ネイチャー」側が読者の質問に答えているわけですが、質問はモデレーターにチェックされてからチャットに出てくるようになっていたので、筋の通った、読みやすいQ&Aになっています。原文のチャットは、ここです。⇒ http://blogs.nature.com/news/thegreatbeyond/2011/04/japans_nuclear_disaster_live_q.html?WT.mc_id=TWT_NatureNews

(Part 1はここです。)

Q&Aの訳(Part 2)

Senkei Umeharaからのコメント: 皆さん、日本以外の国の人たちは、主にどこから原発事故の情報を入れてますか?僕は東京に住んでるんですけど、まあ、外国のプレスも記者会見に来ているというのは聞きましたが、はたして頻繁に情報がアップデートされてるのかなあ、と思って。

GB: 日本の機関は、資料の英訳などもふくめて、かなり良くやってると思いますよ。あと、ここ2-3日からは、枝野官房長官の記者会見が、英語でウェブキャストされてます。だから、一次情報は十分あります。まあ、その一次情報が信頼できるものなのかどうか、というのは問題なんですが。

BO: さて、食べ物と牛乳の安全性についての質問がかなり来てます。Jim?

JS: さっきも渡航についての質問で答えたように、私としては、現在、日本で、食べたり飲んだりすることによって被曝するリスクは、かなり低いと思います。それに、日本政府は、一生懸命、汚染された食品が市場に出回らないようにしています。地震と津波の被害の対策も平行してやっていかなきゃならない中で、食品の規制もやっていかなきゃならないので、大変だとおもいますよ。もちろん、規制のレベル以上に汚染された食品が「絶対に」市場にでない、ということは、言い切れないと思います。でも、ここで強調したいには、たとえ汚染された食品を口にしてしまったとしても、それによるリスクは、とても低い、ということです。規制のレベルは、「その食品を長期間にかけて、何度も口にする」という前提で決められてますから、もし、規制レベル以上の食品をたまたま口にしてしまったとしても、その一回だけでは、問題にはならないでしょう。

Drew Wrightからのコメント:この事故を踏まえて、これから、原発のデザインは、どう変わっていけばよいと思いますか?特に地震多発地域で。

GB: 最近設計された原発の多くは、「受動的安全設計」になってるはずです。これは、もし制御室が完全に破壊されてしまうようなことがあったとしても、炉心の冷却は止まらない、ということです。

わたしとしては、それよりもっと問題なのは、どうやったら今現在ある原発をより安全なものに出来るか、ということだと思います。福島第一の場合、予備のデイーゼル発電機が海岸に近かったのは問題でした。世界中の原発の管理機関が、予備システムを改良していく余地があるか、検討していくと思いますよ。

Lizzieからのコメント: 外部被曝と内部被曝(魚や海草をたべたりして)による影響には、違いはありますか?

JS: 一番の違いは、もし汚染物を食べたら、放射能が体内にある期間滞在する、ということでしょう。リスクの基準の計算には、このことが考慮されてます。たとえば、137Csは、体から、いくらかの期間をかけてゆっくり排出されます。131Iの場合はかなり早く排出されます。体の内部が放射線に当たるほうが、外部からの被曝よりリスクが高い、と考えている人もいるようなのですが、これは、違うと思います。「体内」と「体外」の放射能は、基本的には違いは無いのです。体外からのX線やガンマ線も、体内に入ってしまった放射能物質も、同じように体の細胞の電子にエネルギーを与えます。この、エネルギーの高くなった電子が、DNAを破壊したり、細胞を癌にしたりする可能性をもっているわけで、放射能が外から来たか、中から来たかは、関係ありません。

Chinju Parkからのコメント: もし環境の浄化に何十年もかかるんだったら、放射能物質の拡散も、これから何十年も続いていくということですか?

GB: Jimもこれについては意見があると思うけど、まず私から。結論から言えば、これはノー、です。放射能物質の拡散が何十年も続いていくことはないでしょう。第一に、炉心の燃料は、これから数年かけて、どんどん冷えていきます。ということは、危険度もどんどん下がっていくわけです。それに、現場の技術者が、放射能物質の拡散を抑える方法を、考えて、実施していくでしょう。たとえば、東電は、いま、放射性の土や塵が拡散するのを抑えるために、ポリマーをスプレーしてます。

でも、だからといって、放射性物質のどっとした量の放出が、もう絶対に起こらない、とは言えません。でも、全体的には、現地での放射線の量は、下がっていく方向でしょう。

Jim: 137Csは土壌にかなり長い間とどまります。(半減期は30年です。)大量に拡散するものではありませんが、ごく少量が風と降水によって拡散します。炉心は、今以前よりはずっと安定しているので(Hopefully!)、土壌の問題は、今現在もう拡散されてしまった放射能だけで、これからさらにもっと放射能物質が届くということは、ないでしょう。

(Part 3はこちら

Single Post Navigation

5 thoughts on “英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳(Part 2)

  1. mtakagi on said:

    受動安全設計のところ、一か所間違ってませんか?
    制御室機能不全で、炉心自動冷却だと思います。

    • yoko71 on said:

      あ、そうでしょうか。私は、これは、制御室や電気系統がまったく役に立たなくなってしまったときでも、重力で冷却水が流れ込んでくるようになっている設計の冷却施設の話をしているんだと解釈していました。

      • mtakagi on said:

        なるほど、そういうことなのですね。
        技術を知らなくてすみません。
        文字通りにとってしまいました。

      • yoko71 on said:

        あ、私も、原発の設計なんかについては、この3週間でずいぶん新しいことを習いました。私の専門は、土壌の汚染とか、海水のコロイドとか、主に海洋化学とか土壌化学関係なんです。

  2. Pingback: 英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳(Part 2) - ニュースちゃんねる

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: