Personal Space

5年ぶりの日本(その2-叔父の野菜畑)

今回の日本行きでは、両親と一緒に京都へ2泊3日で行ったんですが、その帰りに私と子どもたちで富士急ハイランドへ行こう、ということになりました。というわけで、新幹線の小田原駅まで、南足柄に住む叔父が迎えに来てくれました。

南足柄の叔父の家の建っている土地は、私の祖父が、四国の香川県から戦後仕事の斡旋をしてくれた知人を頼って東に移ってきた時に、初めて住み着いた土地です。私が小さい頃は、その土地にはウチの祖父母の家、土地を借りて家を建てたご近所さん一家の家、そして家業のつまようじを作ってパッキングする工場がありました。祖父はその後つまようじ工場をたたんで竹の輸入業に専念するようになったので、まず工場が無くなってそこが分譲住宅地になりました。その後祖父母とご近所さんの家も解体されてその土地が再分譲されて、今では昔家が2軒建ってた土地に家が6件ほど建っています。叔父の家はそのうちのひとつです。

祖父母の家のすぐ南側は、みかん畑でした。冬になると、ここのみかんが段ボール箱びっしりとウチに送られてきて、私はおこたに入ってテレビ観たり宿題やったりしながら、爪がまっ黄色になるまでみかんを食べました。

今回行ってみたら、このみかん畑だった土地の小さな一角が、叔父の家庭菜園になっていました。

叔父と叔母といとこののりちゃんは、忙しいなか、この畑で取れたキャベツをたっぷり入れた餃子や、ナスを浅漬けにしたものや、採れたてのトマトのサラダなどを振舞ってくれました。

25年ぶりくらいにこの土地に来て、もうとうに亡くなってしまったおじいちゃん、おばあちゃんの住んでた土地で育った野菜を、叔父さん夫婦といとこののりちゃんの手料理で味わえたのは、とってもうれしくて、そしてちょっぴり寂しかったです。英語で言うとビタースイート。そして、この機会を作ってくれた叔父に感謝、です。

 

Single Post Navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: